地球はともだち

12人のプロフィール環境ポスター展ポスター作品ホーム

カレンダーロゴ  
2016年11月17日(木)〜24日(木) 20日、23日は休館
写真は2016年11月21日

私たち12人は、

『地球はともだち』を共通テーマにチャリティカレンダー展を開催して27年目になります。
展覧会場での売り上げを、岩手県、女川町、南三陸町、いわき市に各カレンダー120部とともに届けます。

今年は熊本県も応援します。
熊本城の「復興城主」。寄付をすると城主証をもらえたり限定ブックレットの贈呈を受けたりできます。

 
カレンダー会場

12人の作品は

池田秀夫伊藤勝一小笠原有子

大橋 彰笠井則幸屋代弘之

中島安貴輝浜崎ゆう子浜野史子

村上祥子吉田修一松本 力

 
オープン風景
明るい会場でゆったりと見られました。

2017カレンダー
チャリティー

12月6日、福島県いわき市東京事務所の新妻所長を訪ね、義援金90,000円とカレンダー120部をお渡ししました。

義援金には、東北の商店街で復興を支える方々の「言葉展」をデザインしたハンカチの売上金が含まれています。

今年は市制施行50周年です。

復興公営住宅建設は、計画より早めに進んでいるようです。



 

岩手日日
写真・中央がいわき市東京事務所所長の新妻さん、その左が次長の永井さん

 

ことばのハンカチ

 




 

 

写真は「言葉のハンカチ」ふくしま

2016年12月7日、岩手日日新聞社東京支社に下村支社長を訪ねて義援金80,000円とカレンダー120部をお渡ししました。

停電の時どうやって情報を得るか日常の心構えを痛感したそうです。

世界遺産登録5周年、「仏都平泉」お出かけください。

 

 
岩手日日新聞

岩手日日新聞12月10日、写真中央が、岩手日日新聞社東京支社長の下村さん


宮城県の女川町と南三陸町へは40,000円と、カレンダーをお送りしました。

女川町と岩手日日新聞社から義援金のお礼状と受領書が届いています。

 


女川町受領書岩手日日新聞受領

             女川町と岩手日日新聞社からの義援金受領書


いわき市から義援金のお礼状と受領書が届いています。  

いわき市お礼状

いわき市から義援金のお礼と受領書

 
南三陸町から義援金のお礼状と受領書が届いています。  

南三陸町お礼状
南三陸町受領書
南三陸町から義援金のお礼と受領書